ラベル新聞2016年12月15日号

raberunews1215

対象は『すべてのゼンマイ刃』

磁力の強いネオジム磁石でゼンマイ刃を固定する㈱フナミズ刃型製版(埼玉県朝霞市栄町、木原一裕社長、☎048・465・2140)の「エコマグ」に、新製品が登場。磁石を留めるためにアクリル板へ凹状の加工が施された同社製の刃型でなくても、在庫するすべてのゼンマイ刃を固定することができる「エコマグα」が、このほどラインアップに加わった。

チェス盤とゼンマイ刃を両面テープで貼り合わせる従来の手法では「貼り替えに時間を要する」「鉄製のツールで剥がす際に傷が付きやすい」ほかに「両面テープの沈み込みやゴミの付着により抜きムラが生じる」という難点があった。エコマグはスムーズなセッティングを実現するだけでなく、抜きムラを引き起こす両面テープが一切不要となる点も評価されている。

フナミズ刃型製版はこれまで、2012年に提供を開始した基本モデルのほか「ベニヤ貫通タイプ」「腐食刃用」などをラインアップ。昨年11月には「箔押し用」も上市した。

在庫品も磁力で固定「エコマグα」

最新モデルは、ベース板に凹みを施した同社仕様のゼンマイ刃以外でも、ネオジム磁石による固定を可能としたもの。従来の溝にはめ込む方式から、板の上から押さえて固定する方式としたことで、在庫品などあらゆるゼンマイ刃に使用できるようになった。

これを実現したのが、箔押し版用を開発した際に用いたネオジム磁石を覆う「シリコーンテープ」。従来のボンディングテープの代替品として選択した加熱耐性を有するシリコーンテープが、接地面に対して強力な吸着力を発揮。磁力による上から押さえる力に横ズレを防止する力が加わることで、他社製含めベース板をしっかり固定できる。

エコマグαは4個1セット、価格は2万円(税別)。「刃高8㍉・ベース板6㍉用」と「同9㍉・7㍉用」の2タイプから選択する。

新製品の開発経緯に関する木原社長との一問一答は次の通り。

――開発の経緯は

「ユーザー企業のダブルスタンダード解消を目的に開発した。2012年以降の当社の刃型はエコマグ仕様だが、それ以前の在庫品や他社製は両面テープが用いられている。今回のジョブはエコマグで次は両面テープ、と基準が混在する生産現場を『何とかエコマグで一本化したい』という要望が寄せられていた」

――鍵を握る技術は

「シリコーンテープの存在だ。1年前の箔押し版用の開発がなければこの素材に出会うことはなかっただろうし、エコマグαの誕生はもっと先だったはず」

「留め具の形状も、何度も改善を重ね設計した。製造元の違いでベース板の高さが±0・1~0・2㍉異なっても、それに追従し確実にフィットするように設けた〝クビ〟が、バネの役割を果たしている」

――総括として

「抜きムラなく両面テープを貼るには、知識と経験が必要。ムラ取りの必要がなく、当社製でなくても手持ちのゼンマイ刃を磁力で容易かつ手早く着脱できるエコマグαを活用し、有効性を実感していただきたい。今後も当社はスキルレスや効率化に資する新技術・新機軸を提供して、生産現場を支援していく」