エコマグの始まり編

刃型は両面テープで固定するのが常識

印刷機にゼンマイ刃をセットする際、両面テープを使用するのが一般的ですが、貼付けた際に入るシワやゴミ、テープのクッション性などが抜きムラの原因になります。
また、鉄ベラで刃型を剝がす際、機械や刃型を傷めてしまうという話しもよく耳にしました。
これらゼンマイ刃の取扱い、もっと簡単にできないかといつも考えておりました。

アイデアが生まれる

ある日、一人の社員がネットサーフィン中に、とても興味深い画像を発見します。
それは「ネオジウム磁石」という世界一磁力の強い磁石が、手の平を挟んでも引き合うというものでした。
「もしかして、これで刃型を固定することが可能なのでは?」
一つの閃きをきっかけに、新刃型固定システムの開発がスタートしました。

新刃型固定システムの構築

強力な磁石と刃型をどのようにして固定するか。
考えたのは、刃型のアクリル部分に溝を入れ、その溝にピッタリはまるアクリルを磁石の上にくっつけるというものでした。
ただ、ピッタリ過ぎて垂直に持ち上げないと外れません。

製品化を目指して

新刃型固定システムを製品化する為に、社内での改善が進みました。
押さえるパーツを厚みのあるアクリルから薄いステンレスに変更することで、横から捻って簡単に外せるようになりました。

印刷機や刃型の取扱いは会社により異なるので、あらゆる状況下で効果を発揮するものでなくてはなりません。
そこで数社のお客様にモニターになって頂きじっくりと検証していくと同時に、特許申請の準備も進めていきました。

ついに製品化

モニター調査に協力して頂いたお客様からのご意見を基に最終調整を行い、遂に新刃型固定システムは製品として世に送り出されることになりました。
当社で初めてとなる特許取得、商標登録も無事に完了しました。
それこそが、ゼンマイ刃革命『エコマグ®』です!

製品化後も

製品化後も多くのお客様からご意見を頂き、さらなる改良を行っています。

「ウチは女性オペレータが多いので女性だと外しにくい」
その声に応えて、エコマグの両端を軽く反り上げて指を掛けやすい形にしました。

「もう少し小さくならないかな〜チェス板からはみ出ちゃう」
設計を変更してエコマグの小型化や刃型の枠を出来るだけ小さくしました。

「ズレる」
磁石の裏のテープをシリコンに変更して従来比1.8倍の滑り強度にしました。
箔押し版用のエコマグ編

きっかけ

エコマグの改良を進めながら、全国のお客様にご紹介に回っている際、「箔押し用の版もエコマグで留められないかな?」と言われたことがありました。
よくよく聞いてみると箔版は刃型以上に貼ったり剥がしたりが大変なようです。

そこからまた新たなエコマグの開発が始まりました。

先ずは構造

一般的な箔版(亜鉛版や銅版)の厚みは、1mm〜3mm位です。
流石にそこまで薄い(低い)エコマグは構造上無理か!?
しかしパッケージ業界ではアルミの下駄を履かせて、総厚7mmで使っている事を知りました。
シール用の箔押し機でも圧調整すれば7mm版でも使えない事はないようです。
3mmの版に4mmのアルミを貼って総厚7mm。ベースになるアルミ板にエコマグ用の溝を入れ、エコマグを4mm以下で作ればできるかも!

が、しかし、、、ここでネオジウム磁石の弱点が発覚しました。
世界一の磁力を誇るネオジウム磁石は熱に弱かったのです。
80℃を越えると減磁(磁力が弱まる)が始まり、箔押しに必要な100℃以上の高温に耐えることができないのです。

箔押し版用のエコマグにネオジウム磁石は使えない。

熱に強い磁石に

熱に強い強力な磁石・・・
辿り着いたのは、世界で2番目の磁力を持つ「サマリウムコバルト磁石」でした。

耐熱性に非常に優れたこの磁石ですが、割れやすいという弱点があるため、エコマグのように磁石と取っ手をネジで固定することができなかったのです。
ネジ穴を開けられない以上、新しい形でエコマグを作るしかありません。

そこで思いついたのが、耐熱性のあるボンドで磁石と取っ手を固定する方法で、実際に試作して試したところ、磁石がチェス板にくっつく勢いに耐えられず割れてしまったのです。

磁力を活かす構造づくり

ネオジウム磁石では考えられないほどの耐久性の無さに私たちは頭を抱えました。
しかし他の磁石を使用できないので、耐久性をカバーする新たな構造を考えるしかありません。
そこでヨークの登場です。
ヨークとは磁石に鉄のキャップを被せ磁力を強化するためのものです。
(冷蔵庫にくっ付けている磁石はそのタイプが多いです)
そのキャップを磁石より少し伸ばすことにより、磁石自体がチェス板に直接当たらなくなります。
狙いは見事的中! 割れないし磁力も強くなりました。

新たな問題が

チェス板につけても割れなくなったのは良いのですが、横方向の力に弱い!
接触している部分が金属同士なので横から押すと簡単にズレるんです。
通常のエコマグに使用している滑り止めテープはビニール製なので熱には耐えられない。

はてさて、、、
ちょうどその頃、シリコン製の調理器具が流行っていました。
コレだ! シリコンゴムは熱に強い! 滑りづらそう! コレを磁石に貼ろう!
薄いシリコンゴムシートを両面テープで固定しよう、、、
つ、つ、つかない。 それはそうです。
シリコンは、シールの剥離紙にも使われている物質なので一般的な粘着材は付かないのです。
じゃあ、耐熱ボンドで! 瞬間接着剤で! 色々試してみましたがダメでした。

箔押し用エコマグ・ついに完成

あるお客様との商談中に箔押し用のエコマグを開発中であることとその悩みを話してみました。

すると、「今ちょうど、それに近い仕事してるからちょっとやってみましょう」
と言って頂けました。
そのお客様先でも色々と試して頂き、ついにシリコンシートをテープ化し、磁石に貼る事ができました。

こうして、耐熱性と耐久性をクリアした箔押し用のエコマグがついに完成したのです。

※このシリコンテープは現在、刃型用のエコマグでも使用され「エコマグゴールド」として活躍しております。
派生系エコマグ編

フレキシブルダイ用・ベニヤ用のエコマグ

エコマグが誕生してからしばらく経った頃、お客様からフレキシブルダイの平抜き用やベニヤの貫通刃用のエコマグのご要望がありました。

これはお客様がエコマグの使い勝手の良さを評価してくれている証そのものでした。

フレキシブルダイ用はベースになるアルミ板に溝を入れエコマグを取り付けられる形を開発、

ベニヤ用のエコマグは従来の様に溝にはめ込む形ができないので、エコマグの先端をL字に曲げ、ベニヤ側にはL字先端の差し込み口を入れることで従来と異なる「差し込んで固定する」方法を開発しました。

これから

一人の社員の閃きから生まれたエコマグ。
今ではかなりの知名度を頂くことが出来ました。

これからも独自のアイデアでユニークな製品を作り続けたいと思っております。
何卒応援のほど宜しくお願い致します。
Products
製品情報
エコマグ
刃型
製版
デジタルオンデマンドシール
その他サービス
メールでのお問い合わせはこちら