レタープレス専用、和紙や上質紙で抜群の再現性

版厚0.95mmのレタープレス専用CTPフレキソ版。間欠・輪転機でよく使用されている樹脂版よりも硬度が低く柔らかい為、版が材料に追従しやすいのが特徴です。また、網点がCTP樹脂版に比べてしっかりと立っているので、印刷をかけてもマージナルゾーンも少なく、網点もキレイに再現出来ます。

印刷比較(特色3色 和紙クレープ 間欠印刷機にて印刷)

CTPフレキソ版で印刷すると、クレープの凹部分にもインキが乗るため、印刷がかすれにくくなります。また、アミ点がCTP樹脂版に比べてしっかりと立っているため、印圧かけてもマージナルゾーンが少なくアミ点をキレイに再現できます。

CTPフレキソ版とCTP樹脂版の印刷比較について

印刷比較 (カラー4色 間欠印刷機にて印刷 左:和紙無地 右:上質紙)

プロセスカラー4色の印刷でもCTP樹脂版よりも高い再現性を発揮することが可能です。

フレキソ版の種類

シール・ラベル機で使用できる0.95mm厚のCTPフレキソ版の他、フレキソユニットで使用できる版厚1.14mmのフレキソ版もご用意しております。

シール印刷用0.95mm厚
品名 硬度 ベース厚 注意点
QH95T 30 約0.3mm 和紙・上質紙・サテンなど、凹凸のある基材に最適。油性インクの使用は出来ません。
DF95T1 30 約0.3mm QH95Tと比べ再現性は若干劣りますが、耐刷性は大幅に優れておりニス版や裏アイマーク版に最適です。
シール印刷機フレキソユニット用1.14mm
品名 硬度 ベース厚 注意点
QS114 30 0.50mm インキの転移性に優れた版材です。
FLENEX FW-U2 1.14 30 0.50mm QS114に比べ、耐刷性に優れています。

取扱い版種一覧(PDF)

まずは試してみたいというお客様の為に、テスト版もご用意しております。気になる方はぜひお問い合わせ下さい。

トピックス・FAQ

製版に関する記事を読む
製版・版下作成への質問